UTAPwiki/セミナー/宇宙物理学セミナー

担当者:筒井

題目:
ガンマ線バーストで切り開く暗黒時代への距離梯子

要旨:
2009年4月23日に起きたガンマ線バースト(GRB)は残
光の観測から赤方偏移z=8.2と決定し、銀河、クエーサーの
高赤方偏移記録を更新し、ガンマ線バーストが高赤方偏移観測をリードし
ていく時代がいよいよ幕を開けたと言える。GRBを光源として高赤
方偏移での星形成率、最電離時期の特定、金属量の探査などの研究が盛ん
に行われているが、近年では絶対光度で数10%の分散を持つ距離指標が
見つかったことにより、GRBを"標準"光源として高赤
方偏移への距離測定に用いるという研究も注目を集めつつあ
る。"標準"光源としての働きは銀河やクエーサーにはない
GRB特有の役割であり、ますますGRB観測の重要性は増しつつあると
いえるであろう。
本講演ではガンマ線バーストを用いた宇宙論のレビューと最新の成果を紹介する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-11-20 (水) 11:11:54 (1404d)