UTAPwiki/セミナー/宇宙物理学セミナー

Shin'ichiro Ando

タイトル:
非等方ガンマ線宇宙における暗黒物質探査

アブストラクト:
暗黒物質の有力候補として、weakly interacting massive particle (WIMP)が提唱、研究されてきた。WIMPはそれ自身と対消滅を起こし、その結果として高エネルギーガンマ線を生成すると考えられている。暗黒物質はどこにでも存在し、宇宙初期から対消滅を起こしてきたと考えられるため、フェルミ衛星により観測されているガンマ線背景放射に寄与するはずである。このような考察から、ガンマ線背景放射のスペクトルを解析することにより、対消滅断面積に対するかなり強い制限が得られている。さらに、フェルミは1 GeV以上で500万以上のガンマ線光子を集めてきているため、ガンマ線背景放射の*非等方性*を議論することが十分に可能である。本講演では(1)角パワースペクトル、(2)ガンマ線フラックスの確率密度関数、(3)近傍銀河分布とのクロス相関という3つの非等方性のプローブについての理論・観測双方の現状について紹介し、将来のガンマ線データによる暗黒物質粒子の発見への展望を議論する。

Title: Dark matter searches in anisotropic gamma-ray sky

Abstract:
As a viable candidate of dark matter, weakly interacting massive particle (WIMP) has been studied. WIMP is considered to annihilate with itself, and as its consequence, to produce high-energy gamma rays. Since dark matter has been annihilating (if ever happens) since the beginning of the structure formation, it gives contributions to the diffuse gamma-ray background measured with the Fermi satellite. The measurement of the gamma-ray background spectrum already gives one of the tightest constraints on the annihilation cross section. Since Fermi already collected more than 5 million photons from the whole sky (above 1 GeV), it is possible to discuss *anisotropy* of the gamma-ray background. I will discuss (1) the angular power spectrum, (2) one-point PDF of the gamma-ray flux, and (3) cross correlation with local galaxy catalogs, and prospects on discovering dark matter particles in the near future in the gamma-ray data.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-05 (火) 21:12:12 (875d)