担当者:杉山尚徳
時間 :10:30-12:00
場所 :理学部4号館ピロティ前セミナー室

title:
Baryon Acoustic Oscillation の非線形性へのWiener Hermite 展開の適用

abstract:
近年、大規模構造の観測からBAO を精密に測定し、ダークエナジーへの
制限をする試みが盛んに行われおり、様々なサーベイ計画が進行中である。
しかし、観測されるクラスターのredfhiftはz = 0-3程度が目標とされており、
このように宇宙論的に見れば近傍の宇宙では、線形理論が成り立たず、
非線形理論を考えなければならない。

しかし標準摂動論では計算時間と精度の兼ね合いから、
満足のいく理論的予言が得られない。
そこで、標準理論を超えてより効率よく非線形効果を取り入れた様々な
計算方法が研究されてきた。(Renormalized PT, Lagrangian PT, improved PT ...)
本発表では、これまでの研究とは別に、新たに非線形進化を記述する手法として
Wiener Hermite 展開を用いる計算を行った。
その結果、標準摂動論における1-loop 計算と同程度の非常に速い計算時間で、
先行研究における結果と同等程度の精度を得ることの出来る、
近似的な解を得た。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-11-20 (水) 11:11:56 (1405d)